能楽フォーラムの記録

■第1回   平成15年12月15日(月) 於:大槻能楽堂

シンポジウム「能の見 方を考える」

藤田隆則、森西真弓、宮辻政夫、三島元太郎、大槻文蔵  司会:天野文雄、藤岡道子

■第2回   平成16年1月18日(木) 於:大槻能楽堂

インタビュー「この人に聞く」

前西芳雄氏に聞く 「関西能楽界の50年」  聞き手:大谷節子

山崎正和氏に聞く 「私と世阿弥」  聞き手:天野文雄

 

■第3回   平成16年11月17日(水) 於:大槻能楽堂

徹底分析《忠度》

第1部 徹底分析《忠度》  稲田秀雄 大谷節子

第2部 袴能《忠度》  山本博通 ほか

第3部 参加者による懇談  司会:小林健二

 

■第4回   平成17年2月21日(月) 於:大槻能楽堂

徹底分析《錦木》

第1部 徹底分析《忠度》  天野文雄 小林健二 大槻文蔵

第2部 袴能《忠度》  上田拓司 ほか

第3部 参加者による懇談  司会:大谷節子

 

■第5回   平成17年12月21日(水) 於:大槻能楽堂

能楽の部分演奏を考える −その歴史と現在−

第1部 能楽の部分演奏の歴史と成立の背景  宮本圭造

第2部 プレレクチャー 演者に聞く  赤松禎英 成田達志 山本哲也

上演 大槻文蔵氏主宰「稽古能」メンバーを交えて

第3部 参加者による懇談  司会:藤田隆則

 

■第6回   平成18年3月29日(水) 於:大槻能楽堂

舞事の諸相 −その歴史と現在−

第1部 報告 舞事の歴史と現在  高桑いづみ

第2部 解説と実演 舞事の構造

大槻文蔵氏主宰「稽古能」メンバーを交えて  司会:藤田隆則

 

■第7回   平成18年12月23日(土) 於:大阪大学中之島センター・佐治メモリアルホール

音に聞く大正・昭和の能

第1部 謡と囃子の多様さ −同じ曲の比較−

第2部 謡と囃子の名手たち  コーディネーター:飯塚恵理人 藤田隆則

 

■第8回   平成19年3月5日(月) 於:大阪大学中之島センター・佐治メモリアルホール

写真にみる大正・昭和の能

基調報告 関西の能舞台と近代  大谷節子

報告 大阪の能舞台を中心に  恵阪悟

報告 神戸の能舞台を中心に  大山範子

 

■第9回   平成19年12月10日(月) 於:関西大学第二学舎2号館C301教室

狂言の魅力を考える(T)

第1部 唐人物の狂言  橋本朝生

第2部 茂山忠三郎氏、狂言を語る  聞き手:稲田秀雄

 

■第10回   平成20年3月17日(月) 於:関西大学第二学舎1号館A301教室

狂言の魅力を考える(U)

第1部 狂言の昔と今  田口和夫

第2部 狂言面の発達史  見市泰男

 

■第11回   平成20年12月20日(土) 於:神戸女子大学教育センター5階 特別講義室

謡と謡本 −流儀と謡本−

講演 謡本研究の今昔  表章

研究発表 明和改正謡本のかざし詞  中尾薫

研究発表 下掛り謡本の変遷 −節付を中心として−  松居郁子

 

■第12回   平成21年3月14日(土) 於:神戸女子大学教育センター5階 特別講義室

謡と謡本 −京観世の謡−

講演 謡本 −その不完全なるもの−  大谷節子

研究発表 福王流素謡史一斑  恵阪悟

研究発表 京観世の謡いぶり −録音、謡本、伝書から−  藤田隆則

 

■第13回   平成21年12月19日(土) 於:聖母女学院短期大学 別館3階

演者と見る須田国太郎「能・狂言デッサン」5000点 その1(昭和2年〜)

パネラー:金剛永謹 権藤芳一 天野文雄 中尾薫

 

■第14回   平成22年3月13日(土) 於:聖母女学院短期大学 別館3階

演者と見る須田国太郎「能・狂言デッサン」5000点 その2(昭和12年〜)

パネラー:片山慶次郎 大谷節子 恵阪悟

 

■第15回   平成22年6月26日(土) 於:大江能楽堂

山口鷺流 −地域伝承の可能性−

上演 狂言《柿山伏》《千鳥》《鬼瓦》  山口鷺流狂言保存会

講演  稲田秀雄

トーク  川島朋子 長田あかね 藤田隆則

 

■第16回   平成22年12月11日(土) 於:神戸女子大学教育センター5階 特別講義室

この人に聞く

味方健  聞き手:大谷節子

島津忠夫  聞き手:中嶋謙昌

 

■第17回   平成23年12月10日(土) 於:京都女子大学J校舎2階 J202教室

昭和初年の「名家の面影」を見る

解説:恵阪悟

 

■第18回   平成24年3月4日(日) 於:京都女子大学J校舎2階 J202教室

大正初年の金剛謹之輔の片影

発表 最古の能楽映像確認の経緯と概要  中尾薫

発表 金剛謹之輔の映像とその時代  横山太郎

最古の能楽映像分析  金剛永謹 横山太郎 中尾薫

 

■第19回   平成24年12月15日(土) 於:関西大学第一学舎5号館E402教室

野村得庵の能と茶の湯

報告 野村得庵と能  天野文雄

報告 野村得庵と茶の湯  谷晃

 

■第20回   平成25年3月30日(土) 於:関西大学第一学舎1号館A501教室

大阪能楽殿と大西亮太郎

報告 大阪能楽殿と大西亮太郎、そして手塚貞三  大山範子

インタビュー 手塚稔子氏に聞く「大阪能楽殿、祖父亮太郎・父貞三の思い出」

手塚稔子 聞き手:天野文雄 松井京子

 

■第21回   平成25年12月15日(日) 於:神戸女子大学教育センター5階 特別講義室

能から浄瑠璃へ −正本・操りの問題を中心に−

講演 語り物の舞台化 −その変遷をめぐって−  山路興造

研究発表 寛永期浄瑠璃研究における二、三の問題      槇記代美
                 −能とのかかわりを中心に−

研究発表 謡曲本文の浄瑠璃化について             田草川みずき
          −宇治加賀掾段物集の事例を中心に−

研究討議  コメンテイター:河田千代乃 阪口弘之 宮本圭造 司会:大谷節子

 

■第22回   平成26年3月16日(日) 於:京都府庁旧本館「正庁」

世阿弥の時代、世阿弥の作品

講演 足利三代、義満・義持・義教の時代  早島大祐

ラウンドテーブル 世阿弥の《屋島》を読む

     大槻文蔵 稲田秀雄 大谷節子 早島大祐(特別参加) 天野文雄(進行)

 

■第23回   平成26年12月14日(水) 於:大阪大学21世紀懐徳堂スタジオ

昭和期関西能楽界と能評 −沼艸雨氏旧蔵の演能写真からたどる−

第1部 演劇と劇評 −付:沼氏旧蔵写真資料概観−  中尾薫

  沼艸雨氏と能楽観賞会 −関大沼氏旧蔵書におよぶ−  関屋俊彦

第2部 沼氏旧蔵演能写真と能評  恵阪悟

  沼氏旧蔵の狂言写真と狂言評について  藤岡道子 長田あかね

 

■第24回   平成27年2月8日(日) 於:大阪大学21世紀懐徳堂スタジオ

この人に聞く −新・人間国宝 三島元太郎氏−

第1部 太鼓金春流小史  中嶋謙昌

第2部 三島元太郎氏に聞く  三島元太郎 聞き手:高橋葉子

 

■第25回   平成27年12月20日(日) 於:大阪大学文法経講義棟41教室

福王流の歴史と芸風@ −播州江崎家の伝承から−

第1部 ワキ方江崎家小史  朝原広基

第2部 江崎家における伝承とその芸風  江崎欽次朗 聞き手:中尾薫

 

■第26回   平成28年3月2日(水) 於:大阪大学21世紀懐徳堂スタジオ

福王流の歴史と芸風A −福王茂十郎氏に聞く−

第1部 福王家歴代点綴  恵阪悟

  福王謡本二題 −盛忠本・真名謡本−  大谷節子

第2部 福王家における芸の継承と芸風  福王茂十郎 聞き手:天野文雄

 

■第27回   平成28年12月24日(土) 於:関西大学第一学舎1号館A301教室

この人に聞く −関西大学図書館新収蔵能楽文書をめぐって−

第1部 新収蔵生田本について  関屋俊彦

第2部 生田秀・耕一について  生田秀昭 聞き手:関屋俊彦

  近代の関西能楽界と大西家  大西智久 聞き手:大谷節子

  トークセッション  大西智久 生田秀昭 大谷節子 関屋俊彦

 

■第28回   平成29年3月6日(月) 於:関西大学第一学舎1号館千里ホールA

この人に聞く −関西大学図書館新収蔵能楽文書をめぐって−

第1部 東と西の狂言−初世萬・四世千作− 附、井狩本改正狂言について  田口和夫

第2部 井狩尚志氏に聞く  井狩尚志 聞き手:関屋俊彦

  茂山千作氏に聞く  茂山千作 聞き手:関屋俊彦

  トークセッション  茂山千作 井狩尚志 田口和夫 関屋俊彦

 

〔お読み下さい〕

能楽フォーラムでは、年度内2回の催しのご案内をメールでお送りしています。ご希望の方はタイトルに「フォーラム案内希望」と明記の上、次のアドレス宛てにご連絡下さい(アドレス管理のため、お名前もお知らせ下さい)。内容が決まり次第、ご案内を差し上げます。それ以外に、能楽フォーラムに関するお問い合わせも受け付けております。

※皆様にお送りしたメールが、宛先不明で戻ってきてしまう事象が発生しております。アドレスを変更された際にはご一報下さい。それ以外に、メールソフトのフィルター機能による受信拒否が原因である場合も考えられます。お使いの機器の設定をご確認下さい。

能楽フォーラム専用アドレス  能楽フォーラム専用アドレス

主催:能楽学会   協力:神戸女子大学古典芸能研究センター