第30回 能楽フォーラム
〔能楽学会関西例会〕
近代の演能空間A
−いま考える「外地演能」−
 近代に入り、日本人の海外移住が始まると、新たな地域で能楽が演じられるようになりました。海外の日本人社会では愛好者が集まり、地域によっては、能楽師による公演や能舞台の建設なども行われています。特に、第二次大戦の終戦で姿を消した「外地」やその周辺の能楽界については、近年研究が進展し、新たな視点で捉え直す機運が高まりつつあります。明治150年を迎えた今年、「外地演能」を中心に、近代における海外での能楽活動について考えたいと思います。

第1部【基調講演】
「「外地演能」とは何だったのか
  −中国東北部(旧満洲)の事例を中心に−」
                   中嶋 謙昌 氏
            (灘高等学校教諭・龍谷大学非常勤講師)
第2部【報告】
「近代中国における能楽享受
    −上海・北京・天津・青島−」
                   佐藤 和道 氏
                (名古屋中学校・高等学校教諭)
   【トークセッション】
中嶋 謙昌 氏  佐藤 和道 氏
        コメンテイター 王 冬蘭 氏(帝塚山大学元教授)
             司会 中尾 薫 氏(大阪大学准教授)

日時 : 平成30年3月21日(水・祝) 13時〜17時
                      (開場12時30分)


会場 : 灘高等学校 大講義室

   〒658−0082 神戸市東灘区魚崎北町8−5−1
   ※JR神戸線「住吉」駅下車 東へ徒歩約10分
   ※阪神電鉄「魚崎」駅下車 北へ徒歩約15分
                        → 会場案内図


問合せ : 灘高等学校(代表) Tel 078−411−7234
                    担当=中嶋(なかしま)


        ※下記メールでもお問い合わせを承ります。

参加費:500円(資料代)  ※能楽学会会員は無料

          ◎事前申し込み不要。どなたでもご参加頂けます。
          ◎チラシ(PDF)のダウンロードは こちら から。

主催 : 能楽学会

〔次年度の予定〕
企画準備中

〔お読み下さい〕

能楽フォーラムでは、年度内2回の催しのご案内をメールでお送りしています。ご希望の方はタイトルに「フォーラム案内希望」と明記の上、次のアドレス宛てにご連絡下さい(アドレス管理のため、お名前もお知らせ下さい)。内容が決まり次第、ご案内を差し上げます。それ以外に、能楽フォーラムに関するお問い合わせも受け付けております。

※皆様にお送りしたメールが、宛先不明で戻ってきてしまう事象が発生しております。アドレスを変更された際にはご一報下さい。それ以外に、メールソフトのフィルター機能による受信拒否が原因である場合も考えられます。お使いの機器の設定をご確認下さい。

能楽フォーラム専用アドレス  能楽フォーラム専用アドレス


協力 : 神戸女子大学古典芸能研究センター